facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 施工現場から > 太田市で施工中の家で気密測定を行いました。今回の数値は幾つになるのか・・・・
施工現場から
 | 2021.04.09

太田市で施工中の家で気密測定を行いました。今回の数値は幾つになるのか・・・・

会社から車で10分位の場所にて工事中のお家で気密測定を実施しました。

 

気密測定を行うには、断熱材と入れて、防湿気密シートを貼り、配線等の貫通孔の処理を行ってから測定を行います。

また、外部の構造用パネルの貼り方にも工夫を凝らしています。

単純に、釘で止めているだけではありません。

更に、窓を取り付ける時にはパッキンをかませたり・・・と意外に大変です。

ですので、測定できる状態になるのには、上棟してから最低1カ月は掛かります。

1カ月などと言うと、建売住宅では大工さんの仕事が終わっている状況です。

大手ハウスメーカー等でも、1カ月半~2カ月もすれば大工さんの仕事が終わります。

そう考えると物凄く手間が掛かっていますが、その分、快適な家になります。

気になる測定値ですが、3回測定した平均値で0.18でした。

悪くない数値なのですが、大工さん的には不満のようでした。

ずっと、測定器を眺めていたので・・・

次の埼玉県の家でリベンジをして頂ければと思います。