facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > モデルハウスやカタログの数値は役に立たない。
動画コンテンツ
 | 2019.03.31

モデルハウスやカタログの数値は役に立たない。

今回は、
カタログやモデルハウスの数値は
あてにならないという話です。

別動画
住宅会社の断熱性能が簡単にわかる方法とは?
でも解説をしましたが、
家をつくる時に家全体の
断熱性能を表す数値が4種類ある
と解説しました。

最低でもUa値0.87くらいの数値、
できればUa値0.48以下の数値だと
全館空調レベルの、家の中の温度差が
平均化する家ができるという話をしました。

ここで絶対に注意してほしいのは、
住宅会社さんがつくっている
モデルハウスやカタログに書いてある数値は
あてにしないということです。

モデルハウスやカタログにある数値は、
数値が良くなるようにしているケースが
多いからです。宣伝ですからね。

皆さんが依頼した間取りで
どんな数字になっているかを確認しないと、
全く意味がありません。

その住宅会社さんが使っている
断熱材の性能、設計、窓やそのつけ方など、
あらゆることを考慮して初めて数値が出ます。

本当の意味で、
その住宅会社さんの実力というのが
わかってしまう数値です。

あくまでも、
「この間取りで数値はいくつになりますか?」
と聞いてください。

モデルハウスやカタログに載っている数値は
聞いても全く意味がありません。

ここだけは押さえてください。