ホーム > 家づくり動画 > 性能 > 「吹抜がある家は寒い!」はウソ?

家づくり動画

「吹抜がある家は寒い!」はウソ?

今回は吹抜について解説します。

「吹抜があると家が寒くなる」と
言われる方が多いですが、
当社がつくっている家のほとんどは
吹抜がついています。

逆に吹抜をつける前提で設計をします。

実際に「下田島モデルハウス」にも
大きな吹抜がついていますが、
実際は寒くありません。

「吹抜がついていると寒い」と
思われる原因を解説します。

たとえば
壁掛けエアコンがあって、
温風を吹きます。

暖かい空気というのは
軽いので上に上がるというのは
ご存知だと思います。

なので暖かい空気というのは
吹抜からどうしても上に上がります。

その時に天井ラインの気密が
きちんと取れていないと、
暖かい空気が貫通して外に出てしまいます。

貫通していると、
それに引っ張られるように
床下の冷たい空気も引っ張られます。

もしくはサッシがアルミなどの
あまり気密が高くないサッシだと、
サッシの隙間から冷たい空気が
引っ張られるように入ってきます。

部屋の中に人が立っているとすると、
暖房で上半身は暖かいですが
当然足元は寒いし、
2階にどんどん熱がいってしまいます。

吹抜があって寒い家というのは、
まず天井面や屋根面の気密が悪い
ということです。つまり、下からの
冷たい空気が入りやすくなります。

天井や床下の断熱や気密が
ちゃんとできている家であれば、
仮にエアコンをつけても
部屋の中で熱が回りますから、
引っ張られるように
冷たい空気が入ってこなくなります。

ちゃんとした家をつくれば、
吹抜はあった方がいいんです。

吹抜があるから寒いのではなく、
残念ながらつくっている家の性能が
悪いと考えていただいた方が正しいです。

関連動画

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5