家づくりにかける想い

家は、人の手によってつくられる。

家は人の手でつくられる。だからこそ、
蓄積された知恵と技術が、決定的な違いとなる。
正しい家をつくる。それは作り手の使命である。

私たちがつくる家 基本仕様 保証制度

見学会・相談会

5月20日(日)

OB様の
ご自宅訪問バスツアー

時間 : 12:30〜16:30
集合場所 : 弊社モデルハウス

今回のバスツアー見学会では、当社で家づくりをされた3組のお客様のご自宅を巡ります。お客様が実際にお住いの家でリアルな暮らしぶりを体感いただくと同時に、お客様の生の声を聞くことができます。

構造見学会

5月26日(土)〜27日(日)

高性能な家を、
適正価格で建てる方法。

時間 : 11:00〜16:00
場所 : 栃木県足利市

今回は、断熱性能と気密性能についての正しい知識を学んでいただくために、実際に皆さまの目の前で本格的な気密測定を行いながら、基本的な考え方や、工事の際の注意点をわかりやすく解説します。

よくあるご質問

Q
高気密高断熱住宅のメリットとデメリットを教えて下さい。
断熱・気密について
2018/03/09
|  

メリットは沢山ありますが、強いて言えば住み心地の良い空間になりやすいと言えます。隙間が少なく、断熱性も高いので、効率的に冷暖房が出来るようになります。換気効率も良くなりますので、キッチンから発生する匂いが家中に回りにくくなります。建物の性能によっては、エアコン1台で全館空調も可能になりますので、ランニングコス・メンテナンスコストトも抑えやすくなります。デメリットは、一般的な家に比べたらコストアップになります。また、施工に注意しないと、性能が発揮されません。高気密高断熱住宅を作る場合は、経験と施工能力の高い住宅会社を選ぶことが重要になります。

Q
木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造、それぞれの短所と長所を教えて下さい。
構造について
2018/03/09
|  

木造住宅のメリットは、コストが安い事・設計の自由度が高い事(在来工法)・気密断熱処理が簡単に出来る・耐震性能を確保しやすい・・・等が考えられます。デメリットは、耐火性が低い(無垢の構造体の場合)・設計の自由度が高いので、構造的に問題のある家でも簡単に建てられてしまう・職人の腕に左右される・・・等が考えられます。鉄骨造のメリットは、耐震性が高い・広い空間が出来る・工期が短い・・・等が考えられます。デメリットは、気密断熱処理が難しい・耐火性が低い(軽量鉄骨)・コストが高い・施工できる会社が限られる・・・等が考えられます。鉄筋コンクリート造のメリットは、気密性が高い・設計の自由度が高い・耐火性が高い・耐震性が高い・・・が考えられます。デメリットは、コストが非常に高い・気密性が高いので結露が心配・断熱にお金がかかるといったことが挙げられます。

Q
今の家は結露で困っています。ペアガラスにすれば、結露は起こりませんか?
内部仕様について
2018/03/08
|  

ペアガラスサッシを使用しても結露が起こることはあります。また、アルミ枠も結露を起こしてしまう可能性が高い材質です。冬場にウィルス対策として加湿器を運転し過ぎるのも、結露の原因となります。結露を無くすためには、湿度のコントロールと共に室内の空気をなるべく滞留させることが重要です。空気を滞留させるためには、なるべくゴチャゴチャを物を置かないのも一つの方法です。

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5

0120-57-4174 資料請求