facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 珪藻土と漆喰はどちらがいい?
動画コンテンツ
 | 2020.06.30

珪藻土と漆喰はどちらがいい?

今回はある材料について
解説します。

その材料とは、
「珪藻土」と「漆喰」です。

当社は基本的に
ほとんどの壁に
珪藻土を塗ります。

その珪藻土は
北海道でつくっていて、
当社は年間に100体ほど
作ってもらってそれを
1年間で消費します。

1体あたり10kgぐらい
ありますが、それを
各現場で10袋ぐらい
使うので、100kgほどの
珪藻土の粉になります。

さらにそれを水で練ると、
大体倍ぐらいになるので
200kgの珪藻土を壁に
塗って調湿させます。

お客さんに依頼されて
漆喰も塗ることも
あります。

珪藻土と漆喰は
成分としてやっぱり
違います。

ざっくりと言うと、
珪藻土は珪藻という
プランクトンが
固まったようなものです。

細かい穴がいっぱい
開いてるんですね。

その穴に水分が
入ったり出たりして
調湿効果を高めるという
ものらしいです。

漆喰は消石灰と言って、
運動会のときに引く
白いラインがあります
よね、あれです。
あれが漆喰の成分です。

漆喰の特徴は、
アルカリ性が高いので
カビに対してものすごく
良いと言われています。

いずれにしても
珪藻土と漆喰という
天然の仕上げ材料が
あります。

ここでお客さんに
どっちの方が良いか?
よく聞かれます。

これはなかなか
難しい質問で、
お客さんが何を
期待しているのかで
違います。

おそらくみなさんが
期待しているのは、
調湿効果だと思います。

調質とは、水分を
吸い込むのと出すのが
調湿です。

吸うだけというのは
調湿ではありません。
吸って出すのが調湿です。

では珪藻土と漆喰の
どちらが調湿効果が
あるかと言うと、
漆喰は調湿効果は
ありません。

厳密に言うと漆喰でも
調湿効果はありますが、
JISの規定で調湿材と
言われているものは
数値があります。

70g/㎡/24hかな。

試験体の中で
1㎡の大きさのものに
珪藻土を塗って、
24時間で70g以上
水分を含まないと、
調湿があるとは
言えないという
ルールがあります。

珪藻土にもよりますが、
一般的には70gないと
珪藻土り呼べないと
いうのがあります。

漆喰は、かなり良い
ものであっても、
40gぐらいと
言われています。

そうなるとやっぱり
調湿とは呼べないと
いうのがあります。

なのでもし調湿効果を
期待するのであれば、
珪藻土しかないという
のが事実です。

では漆喰は悪いものか
というと悪いことは
ないです。

調湿効果はないですが、
珪藻土と比べると
表面が硬いです。

珪藻土はちょっと
粉が落ちる感じが
あります。

削れるというか、
白くなっちゃう感じ。

それだけ柔らかい
ものなので、
調湿しやすいと
いうことです。

漆喰は硬めなので、
粉が落ちることはなく
表面の耐久性は
高いということです。

もし壁に当たった
ときに粉が気になる方は
漆喰の方が良いですが、
調湿効果は期待しちゃ
いけないと言うか、
調湿性があるとは
言えないと思って
もらった方が良いです。

ただ珪藻土も微妙な
ところがあります。

珪藻土という名前で
調湿効果があるものは
70g/㎡/24hと言いました。

でも世の中には
この基準を満たして
いないのに、調湿効果が
ある珪藻土と言われている
ものもあります。

それは珪藻土建材と
呼ばれるものです。

珪藻土と珪藻土建材は
似たようなものですが、
珪藻土建材に調湿効果は
ありません。

ただ見た目は
珪藻土っぽいので、
はっきり言って
同じように感じます。

珪藻土と珪藻土建材を
並べて簡単な実験を
すると一発でわかります。

当社の
下田島モデルハウスに
来た人ならわかると
思います。

この2つの
最大の違いは何かと
言うと中に入ってる
ものが違います。

珪藻土は
プランクトンの粉なので
それ自体では固まりません。

水に溶いて
壁に塗っても
固まらないので
はがれてしまいます。

何かで固めないと
いけません。

その固めるものが
何かによって違いが
生まれます。

珪藻土建材は
人工的なものと言うか
樹脂と言うか、
接着材が入っています。

それを入れると
確かに固まりますが、
調湿効果は一気に
落ちます。

塗りやすいとか
ひび割れしにくいとか
そういうメリットも
ありますが、
調湿効果がなくなるので
そういうのも知った上で
使うのは良いと思います。

私のイメージだと、
珪藻土建材は住宅に
使うというよりも
例えばお店なんかで
アクセントとして使う
というものであれば
良いと思います。

ただ家の調湿をする
ということなら、
珪藻土建材は違うかな
と感じます。

珪藻土建材は
偽物だから安いのかなと
思うと、意外に高かったり
します。

なので値段でも
また違うところが
あります。

もしみなさんが
住み心地が良い家で
調湿もしてくれるものが
ご希望であれば、
こういうものもあるという
ことを知っておいて
いただければと思います。

あとは漆喰も
偽物みたいなものが
正直あります。

漆喰は天然のスサや
海藻のりみたいなものを
入れてちゃんとしている
ものであれば、漆喰の
良さであるアルカリ性が
発揮できます。

そこに混ぜ物を
入れてしまうと、
発揮できなくなるので、
意外に漆喰・珪藻土と
言ってもいろんなものが
あるのは事実です。

少し皮肉っぽいですが、
素人の方が自宅で
住宅屋さんと一緒に
塗るみたいなことが
ありますよね。

ああいうのは、
素人の方が塗りやすい
ということは、やっぱり
簡単な方法にしてるという
ことです。

これはなんでも
そうですよね。

料理でも素人の方が
美味しく簡単にできるのは
それなりのものが
入っているということです。

プロだから
ダシからとらなければ
本当に美味しくは
ならないってありますよね。

一時の食事なら
仕方ないかもしれません。

でも一生住む家なら
どうなのかと感じることも
ありますので、こういう
ところも気をつけて
いただいた方が
良いと思います。