facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 高気密な家は換気性能が高い理由を解説しました。
動画コンテンツ
 | 2019.03.31

高気密な家は換気性能が高い理由を解説しました。

別動画
高気密住宅は窒息する??
でも換気について話しましたが、
気密の良い住宅の方がいかに換気しやすいか
ということを今回は理論的に解説します。

たとえばC値1.0という気密が高い住宅は
家の隙間がほとんどないので
空気の流れがスムーズになります。

そうすると空気は引力で引っ張られるので、
家の中の隅々にある空気もどんどん引っ張られます。

ビニール袋に水を入れた時に、
穴を開けて絞ったらビュッと出ますよね。
そんなイメージです。

C値3.0という比較的気密が悪い家は
いろんなところに隙間が
少しずつ開いているイメージです。

そうすると入口が1箇所であったとしても
いろんな所で空気が出ていくルートが
多いので引っ張りきれません。
そうすると汚れた空気がたまりやすくなります。

昔の家はさらに気密が悪かったので、
北側の角にある押入れなんかが
湿気たりしたわけです。
あれは換気をしていないからです。

もっとわかりやすい例だとお風呂。
やりがちなのが、窓を開けたまま
換気扇を回すことです。

そうするとお風呂の中は
画像のような状態になります。

窓から入った空気が
そのまま換気扇から抜けていくので、
お風呂の端は全く換気できていません。

お風呂の中を
本当に換気したいのであれば、
窓を閉めた状態でドアを開ければ、
ドアから大きな空気の流れが
下から上に上がっていくので
それに引きずられるように
空気が抜けていきます。

高気密な家の方が
実際は換気がしやすくて、
家の中に汚れた空気が
残りにくいということは
ぜひ覚えておいてください。