facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 屋根断熱に発泡ウレタンは危険
動画コンテンツ
 | 2019.12.14

屋根断熱に発泡ウレタンは危険

今回はあるお家の施工方法が
ちょっとどうなのかな?と
思う所があったのでご紹介します。

その家に使われている断熱材は、
発泡ウレタンでした。

壁にも床にも吹いて、
屋根にも発泡ウレタンを
吹いていました。

屋根の野地板に、
発泡ウレタンが直接
吹いてある状態です。

この発泡ウレタンが、
湿気を通すような
性質のものらしいです。

発泡ウレタンには
湿気を通さないものと
通すものがあるようですが、
このお家に使われた発泡ウレタンは
湿気を積極的に抜いて内部結露を
防止するようなものらしいです。

家の中で湿気が出た時に、
例えば壁であれば通気層を通って
湿気が排出されます。

この屋根は
野地板で閉じられてますから、
湿気はどこにいくんだろう?と
疑問に思ったわけです。

別動画でも解説しましたが、
屋根は湿気を帯びてはいけません。

屋根が飛ぶ家は〇〇が悪い

屋根の耐久性を高める一番のポイント

もし湿気が入ってしまうと、
野地板の裏がやられて当然、
災害にも弱くなってしまいます。

野地裏の上には
ルーフィングといって
雨を防ぐための防水シートが
貼ってあります。

外からの雨には強い分、
中からは出にくくしてあります。
なので余計に怖いです。

もしこのような
施工をするのであれば、
野地板の下に通気層を取って、
仮に湿気が入ってもこの通気層を
通って棟換気等で出すという
方法を取ります。

そうすれば
野路板が湿気から守られますが、
こういう対策を取らずに単純に
発泡ウレタンを吹いてしまうと、
断熱は高まるかもしれませが
この野地板に対しては間違いなく
良い事ではありません。

皆さんもこういうことを
覚えていただけると安全な
お家になると思います。

ぜひ参考にして
いただければと思います。