facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 太陽光発電を設置すると損するのか?
動画コンテンツ
 | 2022.04.15

太陽光発電を設置すると損するのか?

太陽光発電を
付けている方は多いですよね。

当社のお客さんも
太陽光発電は100%
付けています。

私の家も付いていますし、
当社の現場監督の平石も
付けています。

太陽光発電は
人によっていろんな意見が
ありますよね。

太陽光発電はエコだけど、
太陽光発電を作る際に
エネルギーを使っているので、
本当にエコなのか?という
意見もあります。

また撤去費用にすごく
お金が掛かるので、
そこまで含めて考えないと
かえって損するみたいな
話もあります。

そんな話がある中で、
私は太陽光発電を
ものすごくいいものだと
思っています。

もはや必要不可欠だと
思っているぐらいです。

その理由の1つが
CO2削減の問題です。

CO2が地球温暖化の原因に
なっているかどうかは
わかりませんが、
一般的にはそういう理論に
なっていますよね。

なのでCO2削減をしないと
地球温暖化が進んで、
気候変動が起きて災害も増えるのが
おそらく正しいのではないかなと
思います。

電力を何かしらで作り出す時に、
例えばLNGはCO2が発生しにくい
エネルギーだと言われています。

ただLNGはロシアやアラブ、
アメリカなどから日本は輸入を
しないといけません。

そこで太陽光の
自然エネルギーを活用する
ということで、設置コストや
投資とリターンのバランスが
良いと考えられています。

損をしにくいのが
太陽光発電だということです。

何年後になるかわかりませんが、
蓄電池・バッテリーも
安くなるでしょう。

今はものすごく高い物だから
割に合いませんので、
太陽光発電を付けて
自家消費をすると。

それからエコキュート。

これは松尾先生も言っていますが、
これまでは深夜電力を使って
温めるというのが主流でしたが、
これからは日中の太陽光の電気を
使って温めた方が効率が良くなると
言われています。

なので太陽光は
エコキュートでお湯も沸かせるし、
蓄電池にも溜められるし、
電気自動車も充電できるし、
汎用性がある製品です。

地球環境の問題や
日本のエネルギー政策、
エネルギーのリスク回避を
含めてもやはり私は
いいものだと思っています。

撤去費用にお金がかかって
損をするという方がおられますが、
一般的な大きさの太陽光で
70万円ぐらい掛かるという話を
ある国会議員さんが
おっしゃっていたそうです。

ただ全国工務店業界の方で
調べてみたところ、
一般的なお家で平均15〜20万円
ぐらいが相場だったそうです。

あとはパワコンという機械を
15年に1回くらいは
交換しないといけませんので、
その費用は別途必要です。

仮にリサイクルできるようになれば
そんなに費用はかからないと思いますが、
そういうのを鑑みても
太陽光発電を付けることによって
東京電力さんから電気を
買わなくて済むので、
明らかにメリットはあると思います。

当社のあるお客様からは
太陽光のデータを見せてもらいましたが、
夏に屋根裏エアコン1台使って、
冬は床下エアコンを使っても
太陽光の発電で相殺できるようです。

これだけエネルギーコストが
掛かる時代で、これから日本も
どんどんインフレ化が進むのは
目に見えている中で、
エネルギーにお金が取られて
生活が苦しくなるというのも
もったいない話です。

そもそも太陽光発電は、
発電した金額で支払いができて、
10年間でペイできるという
ロジックができています。

買取価格が安くなったから、
と言う人もいますが、
太陽光の設置費用自体も
安くなっています。

ざっくり言うと6kWの
太陽光を載せて100万円ぐらいです。

最初に費用はかかりますが、
あとは自分で使うことによって
電力会社から電気は買わなくて
済むわけです。

太陽光で注意するとすれば、
その付け方だけです。

屋根に穴を開ける方法は
雨漏りリスクが高くなるので、
キャッチクランプ工法で
やるのが一番です。

あとは太陽光の重量が
屋根にかかってきますので、
重量計算もしておく必要が
あると思います。

いずれにしても、
これから家を作るのであれば、
いくら太陽光を載せたとしても
エネルギーコストが掛からない
家を作るのが基本です。

断熱・気密をちゃんとやって、
日射取得・日射遮蔽をちゃんと
やった上で太陽光を載せることが
快適で安くすみます。

ぜひお気を付けていただければと
思います。