ホーム > 家づくり動画 > その他 > 2021年4月から重要な法律がスタートします

家づくり動画

2021年4月から重要な法律がスタートします

今回は
下田島モデルハウスで
動画を撮影しました。

今回のテーマは、
2021年4月から
住宅に関する新しい
法律がスタートします。

この法律を簡単に
説明すると、皆さんが
建てる家が省エネルギー
住宅に適合しているか
消費者の方に説明を
しなくちゃいけない
という法律です。

もし適合していなければ
適合していない理由、
例えば窓が悪いとか
床の断熱が足りていない
とかいうことを
説明しなくてはいけない
という法律です。

聞くと良いような
感じもしますが、
この法律には問題が
あると思っています。

まずひとつ目は、
そもそも省エネルギー
住宅に適合しているか
どうかというのは
今年2020年の4月に
スタートするはずでした。

ただ色んな問題が
あって伸びてしまった。

その問題というのは、
中小工務店や地場の
住宅屋さんが未だに
省エネルギー住宅を
理解しておらず、
それに対応した家を
つくっていない
というのが原因です。

そのような状態で
スタートすると、
住宅業界が混乱する
というかそもそも
消費者の方に不利益が
起きてしまうことも
想定された上での
延期という形に
なっています。

いずれにしても
日本の住宅会社は
未だにそのような
家をつくっている
というのが現状です。

何度も言いますが、
2021年4月から
スタートするこの法律に
問題があるのは、
説明したことを誰かが
チェックするわけでも
ないですし、仮に説明を
しなかったとしても、
何か法律的に問われたり
罰則があるわけではない
というものすごく変な
法律なんですね。

ではどうするの?と言うと、
実際に家を建てられる
皆さんがそういう説明を
聞かなければいけない
ということを覚えて
おかないといけない
ということになります。

ただ来年の4月1日から
ですから、なかなか
覚えている方も
いらっしゃらないと
思いまして、今から私が
説明させていただいています。

それからスタートする
といっても、このような
疑問もあると思います。

4月1日から
引き渡した家なのか、
4月1日から
打ち合わせした家
なのか、これによって
全く違うじゃないですか。

例えば4月1日から
引き渡した家が
対象にならなかった
としたら、その方は
なんだかなと思うと
思うんです。

引き渡したころには
法律が変わっていて、
省エネルギー住宅か
どうかの説明を受ける
わけなのに、私は全然
当てはまらないというと
言い方は悪いですが、
車ならいきなり
フルモデルチェンジした
みたいなイメージです。

なのでまだ確定ではない
と思いますが、4月1日
以降に契約をされた方
というイメージです。

要は契約時に、
あなたの家は
省エネルギー住宅に
適合してるしてない
ということを
説明する義務という
意味合いだと思います。

2021年4月1日以降に
契約をされた方は
対象になるかなと
考えています。

そうなると
先ほど言った通り、
4月10日とかに
引き渡しされる方は
おそらく契約は
半年前の2020年
10月とかです。

そうするとその方は
説明されなくても
いいという話に
なりますよね。

何度も言いますが、
出来上がったころには
旧モデルになった
みたいな感じです。

なので私が早いかも
しれませんが、実際に
法律がスタートする
2021年4月よりも
1年前に皆さんに
お知らせをしたいと
思ってこの動画を
配信しました。

なので今から家を
つくられる方は、
説明義務はないですが、
住宅会社さんに
来年の4月から全ての
家は省エネ住宅に
適合しているか
どうかということを
説明しなくちゃ
いけないと聞いたけど
私の家はそれに適合
している家ですか?
ということを確認
された方がいいと
思います。

そうでないと本当に
フルモデルチェンジ
みたいなことに
なりますのでね。

ただしつこいようで
申し訳ないですが、
そもそも省エネルギー
住宅というのは
2020年4月1日から
スタートする予定
でした。

もとを言えば、
省エネルギー住宅の
基準はそんなに高い
レベルではないです。

群馬県や
関東地域でいうと、
UA値0.87という
数字です。

これは正直、
そんなに高い数字では
ないので、これさえ
クリアしていない
住宅会社さんは
そもそも問題がある
のではないかなと
私自身は感じています。

それとしつこいようで
申し訳ないですが、
UA値0.87は
色んな問題もあります。

これは別動画で
解説していますので
そちらを観てくだされば
より理解していただける
と思います。

▼Ua値が良くても寒くなる家がある?
https://www.kosodate-sekkei.co.jp/movie/uachi_yokutemo_samui/

いずれにしても
これから皆さんがつくる
省エネ住宅、最低限でも
0.87という省エネ住宅に
適合される家を
つくられることを
オススメいたします。

そうでないと、
住んでからなんだかな
という風になると
思われます。

最後に宣伝ですが、
当社の家は0.87よりも
大幅にクリアしています
のでご安心いただければ
と思います。

関連動画

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5