ホーム > 家づくり動画 > 断熱・気密 > Low-eガラスは2種類ある

家づくり動画

Low-eガラスは2種類ある

今回は窓ガラスについて
解説をさせていただきます。

ペアガラスサッシの
Low-eガラスには2種類あって、
断熱型と遮熱型というのがあります。

断熱型のLow-eガラスは、
家の内側のガラスの外側に
Low-eという金属皮膜が
貼ってあります。

遮熱型のLow-eガラスは、
家の外側のガラスの内側に
膜が貼ってあります。

断熱型は
家の内側のガラスの外側に、
遮熱型は
家の外側のガラスの内側に
貼ってある。

これがどんな効果があるのか
と思いますよね。

断熱型のLow-eガラスというのは、
太陽光が入ってきた時に
ガードしないんですね。

太陽光をなるべく
入れようという力が大きいので、
家の中が暖まりやすいという
状況を作ることができます。

一方で遮熱型Low-eガラスは、
外のガラスで太陽熱を
ブロックするので、
太陽熱が入ってくる量が
少なくなり涼しい環境を
作りやすくなります。

こう考えると
分かりやすいです。

暖かい空気を入れて
室内を暖めたい時は
断熱型のLow-eガラスを使う。

逆に家の中に余計な熱を入ず
涼しくしたい時は、
遮熱型のLow-eガラスを使う。

こういう理屈です。

太陽が入ってくることを
日射取得率と言いますが、
その数値も断熱型と遮熱型で
違ってきます。

これを間違ってしまうと、
本当に寒い家になってしまう場合も
あるということです。

意外にこの辺の理屈を
住宅会社さんの中でも
知らない方が多いです。

うちのあるお客さんから
聞いた話だと、
他の工務店さんの所へ行って

「Low-eガラスは2種類ありますが
お宅の会社はどのように窓ガラスを
使い分けているんですか?」

という事を質問したそうです。
すると

「そんなに変わらないから大丈夫です」

と一言サラッと言われたことが
あったようです。

それは全く意味不明ですし、
そんな事はありえない話です。

YKKさんなんかのカタログを見ても
きちんと書いてあります。

恐らくそういう事を言われる方、
もしくはこういうガラスの使い分けを
しないような住宅会社さんは、
カタログさえ読んでいないのでしょう。

そのような状態で、
住み心地の良い家だとか
ランニングコストを抑えた家は
絶対につくれません。

住宅会社さんの中でも
分かってない方が本当にいますので、
ぜひ皆さんが先に知っておいて
チェックしていただければと思います。

ぜひ覚えておいてください。

関連動画

家づくりのプロとしてどんなご相談にも丁寧にお答えいたします。
売り込みは一切いたしましませんので、ご安心してお越しください。

詳しくはこちら

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1095-5