facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > 遮熱シートを貼ると室内は涼しくなるのか?
動画コンテンツ
 | 2021.08.04

遮熱シートを貼ると室内は涼しくなるのか?

夏になると
宣伝が多くなる材料があります。

それは遮熱シートです。
今回はその遮熱シートについて
解説をします。

車のウィンドウに
アルミ箔が付いている
シートみないものを
付けたりしませんか?

家にも似たような製品があります。
それを屋根の下や
外壁の内側に貼るんですね。

そういう製品が
夏になると脚光を浴びます。
季節物ですからね。

名前は出しませんが、
住宅屋さんがそれを貼って
夏涼しいと宣伝をします。

遮熱シートは光を反射して
熱をカットするので、
家の中が涼しくなるでしょ
という感じで宣伝されます。

ではみなさんに質問です。

夏の車の中で
遮熱シートを敷いたときに、
車の中は涼しくなりますか?

なりませんよね?
おそらく暑いと思います。

直射日光は確かに
当たらなくなるので、
その部分は涼しくなりますが、
車の中のは暑くなります。

車は鉄板でできていて、
基本的に断熱材は
入っていませんから、
仕方ないですよね。

家は屋根があって外壁あります。
通気層を取って空気が流れる
ようにする工法が一般的です。

そうして熱を
なるべく逃がすようにしないと
いけません。

なので車とは全く条件が
違うことがわかると思います。

要は直接太陽光に
当たっているわけじゃなくて、
シートは中に埋まっているので
そんなに太陽光を跳ね返すもの
ではありません。

結論を言います。

データが出ていて、
ほぼ効果はありません。

高性能住宅を作っている
知識のある住宅会社さんなら
これは常識論です。

遮熱シートを貼れば
夏が涼しくなるとは
絶対に言いません。

もし涼しくなると言う
住宅会社さんが
いらっしゃるとしたら、
それはなんとなく
わかりますよね。

もっともらしい実験があって、
遠赤外線を当てて放射温度計で
測ると、遮熱シートで遮った側は
こんなに涼しい、みたいな実験を
する人がいます。

反射するので確かにそうなる
かもしれませんが、それと家は
全くイコールになりません。

遮熱シートを貼って
発泡ウレタンを吹き付ける工法は
私も知っていますが、
それで家の中が夏涼しくて
冬暖かくなることはありません。

ちゃんとした厚みの断熱材を
入れるとか、通気層をちゃんと
取るだとか、日射遮蔽や日射取得を
ちゃんとする方がよっぽど
効果はあります。それが正論です。

もしそんなにいい素材があるなら
私も使っていますしね。

もっともらしい動画が
いっぱいあって、それを
信じている住宅会社さんも
いらっしゃいます。

この辺りは消費者の方が
自己防衛として知っておいた方が
よろしいと思います。