facebook
instagram
youtube
ホーム > ブログ > 動画コンテンツ > ①遮熱シートを貼ると家の中が涼しくなるのか?②構造計算をしていれば絶対に大丈夫?
動画コンテンツ
 | 2022.07.08

①遮熱シートを貼ると家の中が涼しくなるのか?②構造計算をしていれば絶対に大丈夫?

https://youtu.be/sA1jeWluZ_M

今回は質問コーナーです。
まずは最初の動画です。

▼遮熱シートを貼ると室内は涼しくなるのか?
https://www.kosodate-sekkei.co.jp/blog/syanetsu_sheet_suzushii/

タイベックシルバーの
公式ページで効果あると
図入りで書いてあるので
メーカーぐるみの
詐欺という事ですか?
というコメントです。

もちろん詐欺ではありません。

あくまでも
タイベックシルバーは
熱をカットするという
作用があるのと、
カットすることによって
温度が下がるという事実を
言っているだけです。

タイベックシルバーを
使うことによって
家の中が涼しくなるという
ことを言ってはいないはずです。

でも読み取る人によっては
そういう風に感じるかも
しれませんね。

ここは情報の取り方なので
難しいところです。

私は条件によって違うので
数字を出すとメーカーとしての
公式見解になるので
曖昧にしておくしかないと
回答させていただきました。

そもそも
タイベックシルバーは
悪い物ではないと思っています。

タイベックシルバーは
熱に対してものすごく
強いそうです。

通気層の熱は
ものすごく高くなるし、
西面の外壁に真っ黒な
ガルバリウムを貼ると、
すごい熱になります。

タイベックシルバーは
それだけの熱でも
劣化はしないようです。

ただ国産の
外壁メーカーさんが
扱っている
透湿防水シートだと
10年も経たないうちに
ボロボロなります。

私は実際に見ましたからね。
熱焼けというやつです。

透湿防水シートを使うなら
タイベック一択です。

ただタイベックも残念ながら
値上がりしていますし、
これからタイベックシルバーに
なってしまいます。

では次です。

▼通し柱が多くても弱い家とは
https://www.kosodate-sekkei.co.jp/blog/toshibashira_yowai_ie/

構造躯体が強い、
構造計算をしているから
ということを根拠に、
無茶苦茶な間取りで
建てているフランチャイズが
ある気がしています、
というコメントです。

以前に当社で
打ち合わせをする前に
他社さんで検討していた
お客様がおられました。

他社で書いてもらった
間取りイメージを
見せていただきましたが、
壁が飛び放題で、
柱や壁がないぐらいの
勢いでかなり危ない
間取りでした。

お客さまが言うには、
構造計算をしているから
大丈夫と言われたそうです。

太い梁を使えば
計算上は何とかなりますが、
太い梁を使って飛ばしたら
そこにすごい荷重が掛かって
何かの時にそれが折れると
全てがバラバラとなります。

太い構造材は今や
ウッドショックで
ものすごく高いです。

コストはアップするし、
場合によっては危ない
というのは長期的な
意味でどうかと思います。

もっと言えば、
骨組みだけを計算しても
基礎まで計算しているのか
どうかという問題もあります。

家づくりは
いろんな要素が絡みます。

例えば結露計算をしても
結露を起こすケースは
あるわけです。

いろんな情報を取って勉強して、
いろんなYouTubeを観て
いろんな会社のホームページを
見るのはいいですが、
自分の都合のいいところだけを
切り抜くだけでは必ず
マイナスはあります。

家は一生に一度だし
夢もあるし、その中で
自分がしたいことは
わかりますが、それは
どうなのか?と思うことは
あります。

理想と現実はあるので、
そこをちゃんと考えながら
やるべきだと思います。

くれぐれも
お気を付けいただければと
思います。